トンプソン・ルークの現在!子供や娘は?経歴が泣けると話題に!

スポーツ
この記事は約3分で読めます。

トンプソンルークとは

みなさんはトンプソンルークを覚えていますでしょうか?

そう、ラグビーワールドカップ2019で大活躍をした日本代表のラグビー選手です。

彼は元々ニュージーランドのラグビー選手だったんですよね。

写真を見たら「あーこの人ね!」と思い出す人も多いと思います。

それくらいワールドカップでは印象強い大活躍をしていました。

今回はそんなトンプソンルークの現在や家族構成などについてご説明していきます。

まずはこちらの経歴をご覧ください。

ラグビー王国ニュージーランド出身選手でありながら幼年期はサッカーを行っており、ラグビーを始めたのは13歳からとラグビー選手としてはキャリアの遅い選手である。すぐに14歳以下カンタベリー州代表に選ばれて以降、エイジレベルの各代表に選出されている。高校4年生までバスケットボールをやっていた。

NPCのカンタベリーに所属を経て日本へ。2004年にはトップリーグ三洋電機ワイルドナイツ、2006年度からは近鉄ライナーズに所属。2008年シーズンから2010年まで近鉄ライナーズのキャプテンを務めた。80年を誇る近鉄ライナーズの歴史の中で初の外国人キャプテンである。

日本代表としてラグビーワールドカップ2007、ラグビーワールドカップ2011、ラグビーワールドカップ2015、ラグビーワールドカップ2019に4連続出場した。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ラグビーを始めるのは13歳からだったんですね。

結構遅めでびっくりしましたが、他にもいろいろなスポーツをされているみたいですね。

日本ではラグビーで大活躍をしてくれたので、本当に素晴らしい選手だったと日本中が思っているでしょう。

トンプソンルークの子供や娘は?

引用:https://maidonanews.jp/article/12856016

トンプソンルーク選手は結婚していて子供もたくさんいます。

ワールドカップの時の写真をみると3人もお子さんがいらっしゃるんですね。

一番右の長女の名前は茉矢(まや)ルイーズちゃんです。

見た目はとても可愛らしいですね。

ちなみに茉矢ルイーズちゃんは東大阪生まれのようなので、日本国籍となっております。

年齢は2020年で7歳になるようですね。

左の男の子の名前はヘンリー勇人(ゆうと)くんです。

この子は2020年で5歳になります。

お父さんに似てラグビーを始めるのでしょうか?

もしかすると20年後くらいに日本代表にヘンリー勇人という名前の選手が現れるかもしれませんね。

とても楽しみです。

最後に真ん中の子はトンプソン選手の第3子で、恵良(えら)ルースちゃんといいます。

2018年生まれなので、2020年で2歳になります。

一人だけカメラ目線なのが可愛らしいですね(笑)

トンプソンルークが泣けると話題に

トンプソンルークは泣けるほど頑張るラガーマンとして有名です。

一つとあるエピソードをご紹介します。

タッチラインへボールを蹴り出した瞬間に試合が終わるのに、近鉄ライナーズは攻め続けた。後半の40分をすでに終え、スコアも69-0と圧倒的にリードしている。それでもプレーを途切れさせなかった理由は、有終の美を飾るトライを鉄人に決めさせたかったからだ。  2部にあたるトップチャレンジリーグでは異例となる、1万4599人の観衆で埋まった聖地・秩父宮ラグビー場も呼応する。2020年1月19日をもって現役に別れを告げるワールドカップ戦士、トンプソン・ルークのトライを期待する「トモコール」が何度も鳴り響いた。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/

チームメンバーやサポーターからいかに愛されているかがわかりますね。

ボールを蹴り出せば勝利なのに終わらせない近鉄ライナーズとトンプソンルークに泣ける涙が出てきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました