福田沙紀は今干された?オスカー退社後の現在についても……

グラビア
この記事は約5分で読めます。

福田沙紀のプロフィール

生年月日1990年9月19日(30歳)
出生地 日本・熊本県熊本市中央区
身長156 cm
血液型O型
職業女優・歌手・タレント
ジャンル映画・テレビドラマ・CM
活動期間2004年 –
事務所オスカープロモーション(2004年 – 2020年)
https://ja.wikipedia.org/

オスカープロモーションに所属していた名女優、福田沙紀さん。

他にオスカープロモーションに所属している女優は上戸彩さん、武井咲さん、田丸麻紀さん、米倉涼子さん、高部あいさん、剛力彩芽さんがいます。

錚々たるメンツが並んでいるということですね。

そんな福田沙紀さんですが、16年在籍したオスカーを2020年に退社しました。

「福田さんは2004年、オスカーの社をあげたオーディションである『第10回全日本国民的美少女コンテスト』で演技部門賞を受賞。同年に放送されたテレビドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)では生徒の麻田玲子役として女優デビューを果たしました。

 2005年には、同じ事務所の上戸彩さん(35)が主演したドラマ『アタックNo.1』(テレビ朝日系)の主題歌『アタックNo.1 2005』を歌い、CDデビューもしています。2007年のドラマ『ライフ』(フジテレビ系)では、ヒロインをいじめる安西愛海役が見事にハマった。残酷ないじめっ子を演じた福田さんは、才能ある若手女優として注目を浴びました」(テレビ局関係者)

https://bunshun.jp/

数々のテレビドラマに出演された福田沙紀さんですが、オスカーを退社したのではなく干されたんだと言われています。

福田沙紀が干された理由について

バラエティ番組でも「おバカキャラ」で人気を博していました。

しかし『櫻の園』という作品の興行収入が3900万円と、空前絶後の大胡家作品となってしまいました。

ちなみに最近流行りの鬼滅の刃は公開31日目で興行収入233億円、累計観客動員数1700万人です。

上映規模も150館とかなり大きめだったのに映画館のフィルム代もまかなえないほどの大赤字。

結果として福田沙紀さんは「大コケ女優」としての烙印を押されました。

また、それだけならまだよかったのですが、福田沙紀さん自身の性格にも難があったそうです。

どうやら照明さんの仕事に口出しをしたり、監督に意見をしていたんだとか。

さらに当時若手アイドルだった櫻井翔と「ヤッターマン~YATTERMAN~」で共演する機会があったのですが、ここでジャニーズ事務所の今の社長である藤島ジュリー景子さんを怒らせてしまいました。

これが原因でジャニーズとの共演が不可に。

ジュリーさんはオスカータレント全員との共演をNGにすると話してもいたそうなのですが、そこまでの事態はオスカー幹部が食い止めたそうです。

福田沙紀の経歴について

福田沙紀さんの家族は4人構成で、父と母、3歳年下の弟の4人家族です。

「沙紀」という名前は正義感の強い子に育ってほしいという思いからスケバン刑事の主人公「麻宮サキ」から引用されたそうです。

趣味はショッピングや読者、アクセサリー作りで料理もできます。

Twitterでは料理を作った動画をアップされていますね。

福田沙紀さん自身も食べることが大好きで、特に肉、馬肉や牛タンが好物なんだそうです。

また、イラストを描くことが好きで「鬼滅の刃」のキャラクターイラストをTwitterにアップロードもしていますね。

他にもシャーマンキングのイラストもアップロードされています。

原作によく似ていますね。

またアイドル好きな一面もあり、TWICEやIZ*ONEのライブに行ったり初めて買ったCDがSPEEDだという一面もあります。

「この方が居なければ私はこの世界に入っていなかったと思う」と言うぐらい小学生時代はモーニング娘。の後藤真希の大ファンであり憧れ。ライブや握手会に行っており、福岡での握手会時に「絶対デビューします!」と伝え「頑張ってね!」とやり取りした経験がある。

https://ja.wikipedia.org/

福田沙紀さんは今どうしてる?

現在はオスカーを退社してフリーとして活動されています。

バラエティ番組「キスマイ超BUSAIKU!?」や

フジテレビ「痛快TVスカッとジャパン」

さらに映画『シュシュシュの娘』のオーディションに応募し、出演されるなどこれからも活動を続けていくそうですね。

福田沙紀の今まとめ

14年間在籍したオスカーを引退して、現在はフリーとしての道を歩まれている福田沙紀さん。

これからどのように邁進されていくのか気になるところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました