小林麻耶の旦那あきら。が裏の職業を暴露し始めた!?

芸能・エンタメ
この記事は約8分で読めます。

小林麻耶の旦那がマスオさん同居し献身

 

梅雨晴れとなった7月上旬の昼下がり。都内の住宅街を談笑しながら歩く夫婦がいた。小林麻耶(40)と旦那の國光吟氏(36)だ。

サングラスにハーフパンツ姿など初夏らしいラフな服装に身を包んだ2人は、そろって同じマンションに入っていく。そこは、麻耶が独身時代から実母と同居している実家。夫は新居での生活ではなく、妻の実家で暮らす“マスオさん同居”だった。

2年前の6月22日、妹の小林麻央さん(享年34)を乳がんで亡くした麻耶。その後、18年7月に4歳年下の國光氏と交際0日での電撃結婚を発表。翌8月には芸能界引退が報じられ、立て続けの急展開にファンの間で衝撃が走った。

しかし、麻耶は昨年5月末に突如として芸能界復帰を宣言。約9カ月間の“充電期間”を経て、生島ヒロシ(68)が代表を務める生島企画室への所属を発表した。夫の國光氏も芸名を「あきら。」とし、麻耶とともに同事務所に所属。公私ともに二人三脚で活動していくこととなった。

喪失から、徐々に立ち直っているように見える麻耶。だが、今年2月18日のブログでは《悲しみは全く消えていません。乗り越えられていません》と、いまだ悲痛な気持ちを抱えていると打ち明けていた。

失った妹は、二度と帰ってはこない――。そんな癒えることのない悲しみに襲われながらも、麻耶が再出発を決意できた陰には“献身年下夫の支え”があった。

「つねに“妻ファースト”な國光さんのおかげで、麻耶さんの心はだんだん回復していきました。けれど、彼女には悩みがありました。それは、麻耶さんのお母さんのことです。2人はずっと、麻央さんが大変だったときからつねに助け合って暮らしていました。しかし結婚して家を出ると、お母さんは1人になります。仕事復帰すると、さらに親子の時間は減ってしまうでしょう。麻耶さんはそれを不安に思っていました。そんなとき、國光さんは麻耶さんの実家でお義母さんと3人で暮らすことを提案したんです。そんな國光さんの選択があったからこそ、麻耶さんも少しずつ前を向いて歩き始めることができたのです」(芸能関係者)

2人きりの結婚生活よりも、麻耶と義母が安心できる環境を優先した國光氏。その決意の姿を、本誌は目撃している。

7月下旬。前出のマンションから麻耶が出てきた。外は肌寒く、雨が降っている。そんな彼女の横には、やはり國光氏がしっかりとついていた。車道側を歩く國光氏は、優しい表情で麻耶と会話している。マスオさん生活の負担を感じさせない夫に、隣を歩く彼女は満面の笑みを見せていた。

小林麻耶の旦那「無言動画」でシュールすぎるYouTuberデビュー

 

元フリーアナウンサー小林麻耶(40才)の旦那・國光吟さん(36才)が、YouTuberデビューを果たした。ちょうど1年ほど前から「あきら。」という芸名でタレント業を開始した、イケメン整体師の彼がアップしている動画の内容が「衝撃的」だと話題を集め始めている。

 1回目の配信は、「【幸せになれますか?】について」というタイトル。あきら。さんの直筆と思われる字で「幸せになれますか?について AKIRA」と書いてある方眼紙のみを5分あまり表示して、アドバイスを発し続ける内容で、本人は一切登場しなかった。

 アドバイスはこんな具合である。

「幸せの形は人それぞれ、目指すものは違うと思いますので。例えば『大金持ちになりたいんだ、私はそれで幸せになりたいんだ』という感じでしたら、まずは宝くじを買うしかないですよね。1枚でも、毎日、当たらなくても、毎回毎回チャレンジすることでいつか当たるかもしれないので、やってみてください」

 2回目は、さらに斬新。動画のタイトルは【再生するだけで腰痛緩和】で、「腰痛の緩和 Low back pain relief AKIRA」を日本語と英語で直筆した紙だけを映して、「これから10分ほど無言になるのですが再生していてください。では、始めます」と言うと、本当に約11分間も無言でその紙を映し続けているのである。その間、紙が上下左右に動くほか、撮影場所付近の道路を走る車やバイクの騒音が聞こえてくるだけで、全くの無言。

 最後に「はい、終わりました〜。時間が足りない方は、また再生してみてください。ありがとうございます。失礼いたします」と言い残して終わるという、シュールすぎる配信だ。コメント欄には、「すぐ腰が楽になりました」といった、ファンたちからのコメントが並んだ。

 その後、「再生するだけで足裏の疲労回復」、「再生するだけで頭の疲労回復・偏頭痛緩和・頭痛緩和」、「再生するだけで肩こりの緩和」、「再生するだけで小顔効果 顔の施術」「再生するだけで首痛・首のコリの緩和」と題された無言動画が相次いでアップされていた。常識的に考えれば再生するだけでは痛みがなくなるとは思えないが、熱心なファンの一人はこう語っていた。

「この動画にはあきら。さんの“念”や“気”、そして“パワー”みたいなものが込められているのだと思います。最初はじっくり動画を見る必要があるのかと思っていたのですが、あきら。さんは“動画は見なくていい。再生するだけでいい”と説明しています。おそらくパワーがネットを通じて患部を癒やしてくれる、ということなんだろうと思います」

 あきら。さんは、元ダンサーで、外資系アパレル会社の勤務中に東日本大震災が起こり、人のケアをしたいと考え、整体師に転身。「宇宙ヨガ講師」と報じられるなど、その経歴が小林との結婚当初から話題になっていた。4月からはインスタグラムや公式ブログで「遠隔施術」と「無料占い」をスタート。このYou Tube動画も遠隔施術の一環ということなのだろうか。芸能関係者が語る。

「芸能事務所に所属したからといってテレビ出演を頻繁にしていくわけでもなく、あくまで我が道を進んでいるようです。奥さんの麻耶さんも、生年月日から占う数秘術にはまって資格を取得するなど、夫婦揃ってスピリチュアルな感覚を持っているようです」

 小林は、『小林麻耶の幸せ数秘』というサイトをオープンした。旦那のブログのカバー写真は、妻とのツーショット。妻のブログにも、旦那とのおそろいマスクの写真が。少なくとも、この2人は「幸せ」であることは間違いないようだ。

親友が疑惑の宇宙パワーに怒りの告発

「彼はテレビで“宇宙パワー”のことを否定していましたが、私にはハッキリと言っていました。“宇宙からのエネルギーを吸収して治している”と」。そう語るのは、あきら。(36才)の過去を知る友人Aさんだ。

 小林麻耶(40才)が芸能界再デビューを果たし、夫の國光吟(くにみつあきら)も「あきら。」として、タレントデビューした。昨年7月に「交際0日婚」を発表した当初、あきら。の職業は、「宇宙ヨガ講師」などと報じられたが、現在は、「元整体師」として活動している。

 Aさんは、次のように明かす。

「4年ほど前、出産で痛めた骨盤の施術を受けました。その内容は腰に手をかざすだけ。“エネルギーを感じるでしょう?”と言われても、彼の体温以外は何も感じられませんでした。40分の施術代として1万800円を請求されました」

 Aさんが「何も感じない」と伝えると、あきら。は手をかざす箇所をもも裏に変えるなど、あの手この手で“パワー”を送ってきたという。

 この当時、あきら。は地元の神奈川県藤沢市を中心に友人知人らの自宅で施術をしていた。あきら。の親友だったBさんはこんな話をする。

「4年半前にヘルニアの施術を受けましたが、いくら続けても改善されませんでした。彼からは“おれがこれだけやっても治らない人は初めてだから、霊がついている”と親戚の霊能者を紹介され、除霊をすすめられたのには驚きました。もともとスピリチュアルな人でしたが、いつからか鬱病や骨折まで治せると豪語し始め、歯列矯正の話をして“歯なんておれがちょっと施術すれば動いて治るのに”と言われた人もいました」

 料金は“税込み”だったが、領収書は発行されなかったという。

「領収書も帳簿もなく、確定申告の時期には“大丈夫かなあ、ヤバいかなあ”と心配そうにしていました。何か心配なことがあったのでしょうか」(Bさん)

 Aさんは、あきら。についてこう怒りをにじませた。

「テレビに出ていた彼が“宇宙ヨガ講師はただのキャッチフレーズ”と言っているのを見て心底驚きました。私には“宇宙からのエネルギーを感じて、人のために使っている”と語っていましたから、あまりにもひどいと…」

本誌・女性セブンはあきら。が自身で患者に配ったという施術動画を入手した。あきら。は、仰向けになった患者の頭に手をかざしてパワーを送っているのか、微動だにしない。だが、しばらくすると突然患者の体が波を打つように動いた。宇宙パワーが注入されたのだろうか。

 こうしたあきら。の言動について、所属事務所はこう話す。

「所属前のお話ですが、事務所としては今後、誤解されかねないような言動をしないよう、注意を致しました」

 パワーの真偽は不明だが、「自己プロデュース力」はありそうだ。

※女性セブン2019年8月8日号

引用 https://asagei.biz/excerpt/5693
https://entamega.com/43066
https://news.goo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-1570721.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました