AKB48卒業メンバー達の裏側。天国と地獄まとめ

アイドル
この記事は約10分で読めます。

AKB48とは?

AKB48といえば、「秋元康」さんのプロデュースにより、2005年に東京(秋葉原)を拠点として活動を開始したアイドルグループであり、今や日本国内において知らない人はいないんじゃないというかぐらい大きな「AKB48グループ」の中心ユニットです。
元々、「テレビやコンサート会場でしか会うことができない」という従来のアイドルの固定観念を根底から覆し、結成以来「会いにいけるアイドル」のコンセプトのもと、専用劇場(後述)での高頻度の公演・徹底したファンサービス(握手会・写真会等)でアイドルとファンとの距離を縮め、アイドルをより身近な存在にする活動を今でも行っています。
そんな「AKB48」も気づけば15年であり、多くのメンバーが卒業していきました。
卒業後のメンバーにスポットを当ててみたいと思います。

成功したメンバー

第10位:北原里英(きたはら りえ)

https://rank1-media.com/I0000031

成功ランキング第10位は「きたりえ」こと北原里英です。AKB48とSKE48の兼任を経て、NGT48ではキャプテンを務めました。AKB48の選抜総選挙では最高10位とまずまずの人気で、タレントとしても活動していたことから知名度はそこまで低くありませんでした。
卒業後もタレントや女優として順調に仕事をこなし、映画やドラマでは主演を務めることも。トークがうまくビジュアルも良いので、今後もさまざまな分野で活躍されるでしょう。

https://rank1-media.com/I0000031

第9位:大島麻衣(おおしま まい)

https://rank1-media.com/I0000031

成功ランキング第9位は大島麻衣です。AKB48がブレイクする前に卒業してしまったメンバーですが、結果的に言えばある意味その選択が成功だったと言えるでしょう。
グループを卒業後、大島麻衣はバラエティ番組を中心に引っ張りだこ。トーク力にも定評があり、MCとしても活躍しています。
現在は前ほど頻繁に目にすることはなくなりましたが、レギュラー番組をいくつか持っており、タレントとしては順風満帆です。

https://rank1-media.com/I0000031

第8位:永尾まりや

https://rank1-media.com/I0000031

成功ランキング第8位は永尾まりやです。AKB48には2009年に9期生として加入し2016年に卒業。現在はジャンルにこだわらずさまざまな番組に出演しています。
2017年10月26日にはセカンド写真集『マブイ!まりや。』をリリース。オリコンの週間ランキングによると推定売上部数は2,594部。石原さとみに続く第2位です。
『マブイ!まりや。』は値段が税込み3000円と少々高めなことを考えると売り上げは上々。AKB卒業メンバーとしてはそこそこ活躍している方かと思われます。

https://rank1-media.com/I0000031

第7位:内田眞由美(うちだ まゆみ)

https://rank1-media.com/I0000031

2010年のじゃんけん大会で優勝し『チャンスの順番』のセンターを務めた内田眞由美が成功ランキング第7位にランクイン。
AKB48在籍中の2014年4月29日「焼肉IWA」を開店。AKB48現役メンバーの店というアドバンテージを活かすため、オープン後1年間AKB48を辞めなかったそうです。
そして2015年8月7日に卒業を発表。同年10月25日の握手会をもってAKB48を卒業しました。
現在は新潟県に2号店を出すなど経営は順調。元AKB48メンバーの野中美郷や鈴木紫帆里を従業員として雇うなど、元AKBという立場をフル活用しているようです。

https://rank1-media.com/I0000031

第6位:岩佐美咲(いわさ みさき)

https://rank1-media.com/I0000031

成功ランキング第6位は岩佐美咲です。AKB在籍中の選抜回数は0回。総選挙でも最高位33位とふるいませんでした。しかし在籍中に演歌歌手としてソロデビュー。卒業後も演歌歌手を継続し、これまでに9タイトルをリリースしています。
累計売上は10万枚を優に超え、ソロコンサートも好調。今のところ歌で成功した唯一のAKB卒業メンバーです。

https://rank1-media.com/I0000031

第5位:秋元才加(あきもと さやか)

https://rank1-media.com/I0000031

成功ランキング第5位は秋元才加です。フィリピン人の母を持つハーフ。AKB時代はチームKの中心的存在として活躍しました。運動神経が良く、AKBのバラエティー番組で体力測定企画が行われた際に総合1位となったこともあるようです。
そんな秋元才加は現在ラジオ番組『秋元才加のWeekly Japan!!』『Aqua Line Party』にてレギュラーDJを務めています。
フィリピン人の母を持つハーフで、2014年にはフィリピン観光大使に就任。また、得意な英語を活かしてシルベスター・スタローンがプロデュースした番組MCを務めたこともありました。

https://rank1-media.com/I0000031

第4位:高橋みなみ

https://rank1-media.com/I0000031

成功ランキング第4位はAKB48の「たかみな」こと高橋みなみです。AKB48時代は神セブンの一角を担い、初代総監督としてAKB全体をまとめ上げました。
そんな高橋みなみは2016年に卒業後すぐ熱愛が発覚。その時の彼氏と順調に交際が続き、2019年5月1日に入籍を果たしました。
以前ほどのメディア露出はありませんが、現在も番組でMCをつとめるなど、仕事・プライベートともに順調そうです。

https://rank1-media.com/I0000031

第3位:川崎希(かわさき のぞみ)

https://rank1-media.com/I0000031

成功ランキング第3位はタレント兼実業家の川崎希です。AKB時代から社長になりたかったとのこと。AKB48シングル選抜入りは3回のみ。アイドルとしては日の目を見ませんでした。
川崎希は卒業直前に50冊の経営本を読んで起業の下準備。卒業後はAKBの給料から貯めた貯金40万円を元手にアパレルブランド「ANTIMINSS(アンティミンス)」しました。
取り扱う商品は「定番が長く売れる」との理由で戦略的にメンズをチョイス。リスク軽減のため最初はネットショップのみで販売をスタートさせたそうです。
その後紆余曲折を経て資産を形成。現在は事業とタレント業を並行して行っており、年収は1000万円~2000万円ではないかと言われています。
プライベートでは2013年にモデルのアレクサンダーと結婚。2017年8月29日に男の子を出産しました。

https://rank1-media.com/I0000031

第2位:小嶋陽菜(こじま はるな)

https://rank1-media.com/I0000031

成功ランキング第7位は「こじはる」こと小嶋陽菜です。AKB在籍中はキュートなルックスと高身長を活かしてモデル方面でも活躍し、高い女子人気を誇りました。
卒業後はモデル活動に加え、ファッション関係のビジネスに着手しており、YouTube活動も順調。
ネット上では川栄さんに続き、「AKBメンバーで最も成功した」などの声も多数上がっています。

https://rank1-media.com/I0000031

第1位:川栄李奈(かわえい りな)

https://rank1-media.com/I0000031

成功ランキング第1位は川栄李奈です。AKB時代は『めちゃイケ』がきっかけでおバカキャラとしてブレイクしました。
卒業後は女優に転身。朝ドラ出演がきっかけで女優としての知名度と評価が一気にアップしました。その後は映画、ドラマ、舞台、CMとあらゆるメディアで大活躍!
AKB48グループ全体で最も成功したメンバーと言っても過言ではありません。

https://rank1-media.com/I0000031

悲惨なメンバー

第5位:大島優子(おおしま ゆうこ)

https://rank1-media.com/I0000031

大島優子は悲惨ランキングの第5位にランクイン。現役時代は自身がセンターを務めた『ヘビーローテーション』がきっかけでAKB48が大ブレイクしました。
総選挙で前田敦子と毎年熾烈な1位争いを繰り広げ、握手会人気はナンバーワン。AKB48の黄金期を支えたメンバーの内の1人です。
そんな大島優子ですが、卒業後は女優の道に進みました。人気ドラマ『東京タラレバ娘』の主要キャラ小雪を演じるなどそこそこ活躍。しかしついついAKB時代の活躍と比べてしまいます。
しかし、ドラマ「スカーレット」や舞台のヒロイン役としての出演など、現在は徐々に活躍の場を広げているようなので、今後の活躍に期待ですね。

https://rank1-media.com/I0000031

第4位:前田敦子(まえだ あつこ)

https://rank1-media.com/I0000031

第4位は「あっちゃん」こと前田敦子です。言わずと知れたAKB48不動のセンター。現在でもAKB48と聞いてまず前田敦子の顔が浮かぶ方も少なくないはずです。
そんな前田敦子ですが、卒業後はかねてからの夢である女優業に邁進。メジャーマイナー関係なくさまざまな作品に出演し、概ね高い評価を受けているようです。
しかし絶大な人気を誇ったAKB時代の活躍と比べると劣ったように感じられるため、卒業後しばらくは世間から悲惨な状況と認識されていたようです。
現在は俳優の勝地涼さんと結婚し、一児の母親となっています。

https://rank1-media.com/I0000031

第3位:篠田麻里子(しのだ まりこ)

https://rank1-media.com/I0000031

悲惨ランキング第3位は篠田麻里子です。AKB48黄金期神セブンの内の1人。選抜メンバーとしての活躍はもとより、高身長を活かしたモデル仕事など個人活動も充実していました。
しかし卒業後はレギュラー番組が徐々に減っていき現在は1本。女優業も端役ばかりです。そしてAKB48在籍中に創設したファッションブランド「rikori」は2014年に全店閉鎖しています。
しかし映画『ビジランテ』で演じた役をきっかけに女優としての意識に変化があったとのこと。
2019年には一般男性と結婚し、現在は第一子にも恵まれているようなので、また違った形での活躍をみせてくれるかもしれませんね。

https://rank1-media.com/I0000031

第2位:板野友美(いたの ともみ)

https://rank1-media.com/I0000031

悲惨ランキング第2位は「ともちん」こと板野友美です。AKB時代は唯一のギャル系メンバーとして存在感を発揮。AKB48歴代1、2を争う知名度の持ち主です。
そんな板野友美ですが、卒業後はCDも写真集も売れず大苦戦。2016年には映画『のぞきめ』の主演を務めましたが興行的には失敗したようです。
プライベートでは昔EXILEのTAKAHIROと噂になりました。しかしTAKAHIROは2017年9月1日に武井咲との結婚を発表。心中穏やかではないはずです。
ただし音楽活動は現在も続けているようなので、今後の活躍に期待したいですね。

https://rank1-media.com/I0000031

第1位:中西里菜(なかにし りな)

https://rank1-media.com/I0000031

悲惨ランキング第1位の座に輝いたのは「りなてぃん」こと中西里菜です。かつてAKB48のエース級メンバーとして活躍していました。
2009年にAKB48を卒業し、1年後の2010年に成人男性向け映像作品メーカー「アリスJAPAN」からDVDをリリース。個人的な話ですが、この件がきっかけでAKBとはそういうグループだと思っていました。
そしてDVDリリース直前に『ヘビーローテーション』が大ブレイク。1年後にはこのような姿になってしまいました。心中察するに余りあります。
現在は結婚して子供もいるとのこと。最終的に幸せをつかめたようで本当に良かったです。

https://rank1-media.com/I0000031

グループ時代と独立後では大分差があるようですね。
今後のみなさんの活躍に期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました