有野晋哉には娘の名前は!?結婚した嫁 北村裕子についても…

芸能・エンタメ
この記事は約5分で読めます。

有野晋哉のプロフィール

生年月日 1972年2月25日(48歳)

身長 180cm

言語 日本語

コンビ名 よゐこ

相方 濱口優

https://ja.wikipedia.org/

よゐこの濱口勝のコンビ相手として有名な有野晋哉さん。

独特のマイペースさとボケが特徴で、ゲーマーであることも知られていますね。

相方の濱口勝さんがさらに強力な天然ボケなので、ツッコミになることも多いですが(笑)

実は芸人になる前は18歳の時に就職していました。

しかし濱口勝さんから誘われたことがきっかけで芸人の道に進むことを決意します。

元々のどぼとけの近くにホクロがあったんですが、「ゲームセンターCX」という番組を見ていたファンの看護師がファンレターで

「そのホクロは癌になるかもしれないのでとった方がいい」

とアドバイスしたことがきっかけで、切除したそうです。

2013年から老眼を訴えるようになり、番組の中で細かいものを見るときは老眼鏡を使うようになりました。

・極楽とんぼ 加藤浩次

・キャイ~ン 天野博之

・アメリカザリガニ 平井喜之

・ロンドンブーツ1号二号 田村亮

・おぎやはぎ 矢作兼

このあたりの芸能人と親交が深いです。

若手芸人からの親交があったからなのですが、その中でも特に加藤とは親交が深く、加藤家と有野家は家族ぐるみでの付き合いになるそうです。

有野晋哉さんの嫁について

有野晋哉さんは2005年の時点で結婚しています。

お相手は北村祐子さん。

過去にテレビレポーターを務めていたり、テレビショッピングの司会を経験されていたそうです。

出会いのエピソードについては以下になります。

有野さんと祐子さんが知り合ったきっかけは、同じめちゃイケメンバーで公私ともに仲の良い極楽とんぼの加藤浩次さんが主催した飲み会だったとのこと。

加藤さんが奥手な有野さんをけしかけて、祐子さんの連絡先をゲットしたことから交際が始まったそうです。

https://kyun2-https://ameblo.jp/teru056/entry-11888416256.html

結婚の決め手はお互いの趣味がゲームだということ。

さらに有野晋哉さんのアイドル・漫画・アニメという趣味を理解していたことでした。

実はこの二人、誕生日が1日しか違っていません。

とてもお似合いのカップルですね。

結婚記念日はその次の日にしよう、ということでおめでたい日が3回連続で続くということになっています。

名前を聞くと同姓同名で漢字違いの「北村裕子」さんと思われがちです。

北村裕子さんと言えば、ザ・ポチで活躍していた女優です。

1990年代に活躍したアイドルなのですが、この方とは別のようですね。

有野晋哉さんの子どもについて

有野晋哉さんは2005年3月に結婚、2006年3月には長女が誕生。

そして翌年2007年9月には二人目となる次女が誕生しました。

女の子が二人いるということですね。

長女の名前は 詩花(しいか)ちゃん

次女の名前を 萌々寧(ももね)ちゃん と言います。

奥さんも美人なので、子供も可愛く育つことでしょう。

有野晋哉さんは初め「きなこ」「とろみ」という名前を考えていたり、出産のとき力んでいたので「りきみ」という名前も提案したそうです。

しかしこれを奥さんが華麗にセーブ。

最初から辞書を引いて決めたそうです。

奥さん、ファインプレーですね。

有野晋哉さんの子育てについて

有野晋哉さんはとてもイクメンです。

「有野晋哉の父も育つ子育て攻略本」という本を出版するくらいなのですが、

ブログには娘さんたちへの優しい言葉が綴られています。

バタバタな1日が終わり上着を脱いでお風呂に入ろうと思ったら、
Tシャツに“幼稚園の保護者札”付けっぱなしやった。
1日付けっぱなしやった。娘の運動会楽しかったなぁ。“ハム太郎”元気に踊ってたなぁ。次女も連れてってよかったなぁ。

こんな“独りでほっこりタイム”があるから、しんどくても家の事には参加したい。
で今日はもうクタクタやけど、起きたら、娘に運動会の感想聞こう。
それも映像に収めよう。

https://newsmatomedia.com/

この為に頑張ってるんやでぇ、
と寝てる次女をグイッとこっちに抱き寄せる と

グィ~ッと、ありえへんチカラで仰け反られた。
ゴロンゴロンと向こうに転がって行った。
こうして、
僕の勝手に24時間テレビ終了。

https://newsmatomedia.com/

子どものために料理を作ったりととても良いお父さんです。

娘への溺愛っぷりがよくわかりますね。

また、なぜ育児を頑張るのかというと

「結婚式で母が泣くことは多いけど、父が泣くことはあまりない。

それは家のことをしてないからだと思う。

だから僕は20年かけて結婚式でぼろ泣きするために頑張ってる」

ということだそうです。

将来がとても楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました