小林賢太郎の結婚や現在。ラーメンズや子供について

芸能・エンタメ
この記事は約7分で読めます。

小林賢太郎のプロフィール

本名小林賢太郎
ニックネームコバケン
生年月日1973年4月17日(47歳)
出身地 日本・神奈川県横浜市旭区
血液型A型
身長182cm
言語日本語
方言共通語
最終学歴多摩美術大学版画科
コンビ名ラーメンズ
相方片桐仁
事務所スタジオコンテナ
活動時期1995年 – 2020年11月16日
同期すっちー、品川庄司 など
作品漫画 『鼻兎』
著書 『小林賢太郎戯曲集』
短篇集 『こばなしけんたろう』
絵本 『うるうの森』
他の活動漫画家、劇作家、演出家
配偶者既婚
https://ja.wikipedia.org/

ラーメンズの小林賢太郎さんと言えば、あのラーメンズというお笑いコンビの一人です。

コントよりは演劇寄りの活動が多く自分で脚本や演出を手掛け、2005年に海外公演も果たしました。

小林賢太郎プロデュース公演を10回。

ソロ公演を10回。

2007年には部隊演劇情報誌「演劇ぶっく」にて、演劇ランキングと俳優ランキング第1位を獲得。さらに2010年、2012年に俳優ランキング1位を獲得しました。

ドラマやCMの出演、PVや椎名林檎さんの映像作品に出演されたりとところどころメディアには露出していたそうですね。

しかし、2020年11月16日に芸能界の全ての表舞台から引退を発表しました。

理由は足を悪くしてしまったからで、肩書からパフォーマーというものを消したものの、本人は裏方としての活動は続けられるとのことです。

小林賢太郎は結婚してる?

結論からお話しすると、小林賢太郎さんは結婚されています。

入籍したのは2000年の7月7日で、お相手は多摩川美術大学時代の同級生の方。

これは2003年のスポーツ報知で明らかになりました。

小林賢太郎(30)が3年前に入籍していたことが17日明らかになった。
お相手は多摩川美術大時代の同級生(30)で、関係者によると2000年7月7日に入籍したという。

所属事務所によると「これまで同様頑張っていきますので、温かく見守って下さい」と話している。

ちなみに小林賢太郎さんの子供の情報については全然情報がありませんでした。

片桐仁は結婚してる?

ちなみに相方の片桐仁さんは元モデルの村山ゆきさんと結婚されています。

2003年に結婚されたのですが、その後村山ゆきさんは芸能活動を控えているそうですね。

美人の奥さんをGETした秘訣は、片桐仁さんの猛烈なアプローチ。

村山ゆきさんと片桐仁さんは当時同じ「トゥインクル・コーポレーション」という同じ事務所に所属していました。

村山ゆきさんがラーメンズの公演を見に行き楽屋に挨拶をした際、

片桐仁さんが一目ぼれしたのがきっかけなんだとか。

ちなみに片桐仁さんが「行列のできる法律相談所」に出演された際は

・「ケータイをチェックされている」

・「愛称番号を変えるとなぜ変えたのか問い詰められる」

という鬼嫁エピソードがあるとのこと。

片桐仁と村山ゆきの子供について

そんなお二人ですが、実は二人の子供がいます。

どちらも男の子です。

長男は太郎くん。

次男は春太くんと言います。

どちらも美男子の予感しかしないですね。

今でこそちょっと濃い色の顔ですが、昔の片桐仁さんはイケメンだったそうです。

それとモデルである村山ゆきさんの血を受け継げば美男子が生まれてくるのも納得ですね。

ちなみに長男の太郎くんと村山ゆきさん、ディズニーCMの出演歴もあります。

(CM)東京ディズニーリゾート2012 思い出作ろうキャンペーン ママ編

更に午後の紅茶のCMへの出演歴も。

キリンビバレッジ 後の紅茶「こどもの自慢」

その後芸能活動を展開していくのかと思いきや、そちらの活動はほどほどに一般人に戻っていったようですね。

小林賢太郎まとめ

いかがでしょうか?

小林賢太郎さんはお笑い芸人というイメージが強いですが、本当は演劇を中心としたパフォーマー的な活動をされていたんですね。

足が悪いとのことで引退されましたが、これからも表現者としての活動は続けていくとのこと。

これからの活躍が楽しみです。

お体ご自愛下さい。

小林賢太郎のライブ一覧

プロデュース公演

詳細は「小林賢太郎プロデュース公演」を参照

  • 小林賢太郎プロデュース公演#001「good day house」(2002)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#002「Sweet7」(2003)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#003「Paper Runner」(2004)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#004「LENS」(2004)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#005「TAKEOFF 〜ライト三兄弟〜」(2006、2007)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#006「TRIUMPH」(2008)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#007「ロールシャッハ」(2010、2012)
  • 小林賢太郎プロデュース公演#008「うるう」(2011-2012、2015-2016、2019-2020)
  • 小林賢太郎演劇作品「振り子とチーズケーキ」(2013)
  • 小林賢太郎演劇作品「ノケモノノケモノ」(2014)

ソロ公演

詳細は「POTSUNEN」を参照

脚本、演出、美術、出演:小林賢太郎

  • KENTARO KOBAYASHI SOLO CONTE LIVE 「ポツネン」(2005)
  • KENTARO KOBAYASHI SOLO CONTE LIVE 「○ -maru-」(2006)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance Live Potsunen 2008 『Drop』(2008)
  • ポツネン氏の庭 〜The spot garden of Mr.Potsunen〜(2009)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance Live Potsunen 2010 『SPOT』(2010)
  • ポツネン氏の庭 〜The spot garden of Mr.Potsunen〜(2011)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance LIVE POTSUNEN 2011 『THE SPOT』(2011)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance LIVE POTSUNEN 2012 『P』(2012)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance LIVE POTSUNEN 2013『P+』(2013)
  • Kentaro Kobayashi Solo Performance LIVE POTSUNEN 2014/2015『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』(2014-2015、2017)

新作コント公演

詳細は「カジャラ」を参照

  • カジャラ#1 『大人たるもの』(2016)
  • カジャラ#2 『裸の王様』(2017)
  • カジャラ#3 『働けど働けど』(2018)
  • カジャラ#4 『怪獣たちの宴』(2019)

その他の公演

  • 東京03 10周年記念 悪ふざけ公演「タチの悪い流れ」(2013年9月20日出演)
  • 久ヶ沢徹生誕50周年祭 久ヶ沢牛乳presents「A HALF CENTURY BOY」(2012年9月9日ソワレ、ゲスト出演)

コメント

タイトルとURLをコピーしました