新木優子の結婚はいつ?結婚に対する想いを吐露!彼氏は中島裕翔って本当?

芸能・エンタメ
この記事は約5分で読めます。

新木優子の経歴

 

この投稿をInstagramで見る

#newhair by @shigeparu

新木優子(@yuuuuukko_)がシェアした投稿 –

生年月日:1993年12月15日

出身地:東京都

所属事務所:スターダストプロモーション

小学校5年生の時にスカウトされ芸能界入り。2007年、森山直太朗のシングル『太陽のにほひ』のPVに出演し、2008年には『8代目 ゼクシィガール』に選ばれ、注目を浴びる。同年、映画『錨を投げろ』で女優デビューし、以降、さまざまなドラマや映画に出演する。また、雑誌『non-no』の看板モデルも務めている。

2020年4月から放送を開始したドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)での演技力と美貌に注目が集まっている、女優の新木優子さん。

同年2月からは、世界的ブランド『ディオール』の日本国内の広告塔も務めるなど、女優以外の分野での活躍も目立ちます。

また、同ブランドで同じく広告塔を務める横浜流星さんとともにイベントに出席した際には、絵になる2人のツーショットが「結婚式みたい」と話題になったことも。

実際に新木優子さんは結婚しているのか、また、結婚観や過去の彼氏に関する情報もご紹介します。

新木優子の結婚式のような写真が話題に

2020年3月1日、新木優子さんは、横浜流星さんとともに出席した『ディオール、パリから日本へ展』での写真を自身のインスタグラムで公開しました。

 

この投稿をInstagramで見る

@Dior #Dior #ディオール #DiorFromParisToJapan

新木優子(@yuuuuukko_)がシェアした投稿 –

隣にならぶ横浜流星さんがタキシードだからなのか、淡いベージュのドレスに身を包んだ新木優子さんが、まるで花嫁にも見えてきます。

美男美女のツーショットに、ファンからは「お似合い」「結婚式かと思った」との声も上がっていました。

ファンの声

・もう2人とも結婚してしまえばいい。

・このまま結婚式に行けそうなぐらい輝いている。

・国宝級の2人がそろってしまった。

新木優子は結婚している?

圧倒的な美貌だけでなく、共演者からも絶賛されるほど性格がいいことでも知られる新木優子さん。

多くの人からアプローチされているのでは…と思いきや、これまで週刊誌などで熱愛が報じられたことはありません。

新木優子さん自身、「これまで彼氏ができたことはない」と語っています。

しかし、この発言は2015年に新木優子さんがウエディング専門誌『ゼクシィ』の『8代目ゼクシィガール』に選ばれた際のインタビューでのもの。

その後、熱愛報道こそないものの、ファンの間では過去の共演者との熱愛説が飛び交っています。

新木優子の結婚候補は中島裕翔?

過去に、新木優子さんとの熱愛説がささやかれた芸能人の1人が、アイドルグループ『Hey! Say! JUMP』のメンバー、中島裕翔さん。

新木優子さんと中島裕翔さんは、2017年公開の映画『僕らのごはんは明日で待ってる』で共演しており、その後、ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)でも再共演しています。

何度か一緒に仕事をしているためか、2人は公私ともに仲がいいことでも知られ、それが熱愛説につながっているのでしょう。

 

あくまでもウワサであり決定的な証拠はないものの、2人の熱愛を望むファンは多くいます。

新木優子が結婚したい男性のタイプ

これまで熱愛情報が出たことのない新木優子さんですが、どんな人がタイプなのでしょうか。

2016年1月26日に放送された情報バラエティ番組『PON!』(日本テレビ系)に出演した際には、「将来結婚するなら、どんな男性?」という質問に対して、理想の男性像を明かしていました。

・優しくて、ケンカをしても、その日のうちに仲直りできる人。

・優しいっていうのも大事なんですけど、男女問わずなんですけど、人ともめることが好きではないので。ギスギスした気持ちというか、その関係を次の日に引きずりたくないなっていうのがありまして。

優しいこと以上に、わだかまりなく付き合っていける、寛容な人がタイプということでしょうか。

今後、理想に合った人は現れるのか、そして新木優子さんがパートナーに選ぶのはどんな人なのか、多くのファンが注目しています。

結婚は「27歳で…」

番組では今回、ロバートの馬場裕之と新木がデートをするという企画が行われた。

この中で馬場から「何歳ぐらいに結婚したいとかある?」と聞かれると、新木は「ほんとに高校生とか大学生で思ってのたのは27歳で結婚だったから」「自分の思う通りになってないなって思って」と、学生時代に結婚したかった年齢が現在の自身の歳だと明かした。

新木は続けて「旦那さんがもしできたら、結構旦那さんに一生懸命尽くしたいから。まだもうちょっと自分のために頑張ろう、と思って」と語り、馬場が「料理のスキルももっとあげて」と発言すると、これに対して「そう!それもあります!」と同意を見せていた。

引用 
https://grapee.jp/813263
https://e-talentbank.co.jp/news/137950/

コメント

タイトルとURLをコピーしました