能年玲奈の現在は?なぜ芸能界を干されたのか、年収についても

アイドル
この記事は約4分で読めます。

能年玲奈(のん)のプロフィール

本名  能年 玲奈(のうねん れな)

生年月日  1993年7月13日(27歳)

身長  166 cm

血液型  A型

職業  女優、ファッションモデル、芸術家

https://ja.wikipedia.org/

以前は本名の能年玲奈で活動していたのですが、2016年から独立して「のん」という名義で芸能活動をしています。

実はもともと2012年あたりではロングヘアだったのですが、「カラスの親指」という映でヒロイン役の役作りのために20センチ以上あった髪を切りました。

2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」ではヒロインの天野アキ役を演じたことで話題になっていましたね。

流行語にもなった「じぇじぇじぇ」は流行語大賞の年間大賞を受賞。

これにより能年玲奈さんは一躍時の人となりました。

能年玲奈(のん)はなぜ干された?

給料は5万円。『あまちゃん』撮影中、経費精算が追いつかず、持ち金がなくなってしまった。「寮の乾燥機が壊れ、明日のパンツがない」と、当時演技指導を担当していた滝沢充子へ深夜に電話。

滝沢が「コンビニで買えばいい」と言うと、「財布には200円しかない」と能年は答えた、と書いている。能年がこの滝沢に「洗脳」され、独立をそそのかされているという報道もあった。

さらに今年7月、能年は「能年玲奈」から「のん」に改名。「能年玲奈」は本名であるにもかかわらず、所属事務所の許可なしに使用できないという「警告書」が送られていたとも報じられている。

「悪徳芸能事務所」「パンツを買う金もない」「洗脳」「本名を使えない」――。この物語を貫いているのは、芸能界とは魑魅魍魎の人々が跋扈する「げに恐ろしい世界である」という軸だ。

https://gendai.ismedia.jp/

能年玲奈さんが干されたきっかけは「週刊文春」による文春砲です。

話題になったのはこの時に起きた「事務所独立騒動」です。

収める税金を少なくするため、所属事務所に何も伝えずに個人事務所を設立したそうです。

しかし、その個人事務所の滝沢充子さんという能年玲奈さんに演技指導した人が、代表取締役に就任していたので、事務所独立は滝沢充子さんの洗脳ではないのか、という疑いがかけられていたそうですね。

ここでは能年玲奈さんが滝沢充子さんに「洗脳」されているという報道がされました。

この一連の騒動により、彼女が出演していたラジオ番組やテレビCMは終了。

いわゆる芸能界から干された状態になってしまいます。

能年玲奈さんの現在は?

そんな過酷な状況ではありましたが、実は能年玲奈さんは現在復活しています。

レプロ担当者によると、『あまちゃん』の放送中、能年の「給料」は20万円に増額。加えて計200万円以上のボーナスが支払われた。翌年にも、実績を考慮して計1000万円以上の報酬を支給したという。

https://gendai.ismedia.jp/

月5万円しかもらえていないという状況から一変して、お金に恵まれた状況になったようですね。

これだけ有名になったのですから当然と言えば当然ですが。

そして能年玲奈さんは現在、多数のCMに出演するほど人気が回復しています。

のん、白スーツで「ビシッ」と大人の女性演じる ラクスル新CM

・いま、のんを起用すると企業イメージも良くなるよね。みんなが応援してる。

・最強に可愛いんだけど 全盛期なのに干され続けるクソ芸能界

・え、なんかレベチだな、、 透明感異常すぎ!!

・ラクスル売上高170億円から250億円に47%増

・凄い透明感!可愛い! もっともっとテレビでみたいなー。

https://www.youtube.com/

現在、数多くの企業とCM契約を交わしているそうです。

ドラマの出演はほぼみられませんが、これだけの量のCMに出演していればお金には困らなさそうですね。

CM1本の出演料は超大物女優なら8000万円。

ドラマ主演の女優であれば2500~8000万円。

それが20本となると、総収入だけでしたら億を超えている可能性が高いでしょう。

能年玲奈さんまとめ

一時は芸能界から干されながらも、のんに改名して現在も活躍されているそうですね。

滝沢充子さんの洗脳から逃れられたのかはわかりませんが、のびのびと活動されていることを考えるとそれは大丈夫そうですね。

これからは悪い虫に変にそそのかされずに、頑張っていってほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました