ラランド(お笑いコンビ)のサーヤって誰?人気の秘密

芸人
この記事は約5分で読めます。

ラランドのメンバー紹介

ラランドLALANDE

メンバーサーヤ(女性)
ニシダ(男性)
結成年2014年
事務所フリー
活動時期2014年 –
出身上智大学お笑いサークルSCS
影響ダウンタウン(サーヤ)南海キャンディーズ(ニシダ)
出会い上智大学アカペラ部の新入生歓迎会
現在の活動状況ライブ、テレビ、YouTube、ラジオ
芸種漫才
ネタ作成者サーヤ
現在の代表番組ラランドの声溜めラジオ(GERA放送局)
引用元:https://ja.wikipedia.org

ラランドって男性と女性のコンビなんだな

そうよ。

いろんな世代から人気あるんだよ


男性と女性コンビのラランド。
ではこの2人をもう少し細かく見ていきましょう。

サーヤ(1995年12月13日)(24歳)

  • ボケ担当。立ち位置は向かって左。
  • 東京都八王子市出身。
  • 本名:門倉 早彩(かどくら さあや)
  • 趣味・特技は日本語ラップ鑑賞、英検準一級、歌う事。
  • 好きな映画はトゥルーマンショー。
  • お笑い好きになったきっかけは、親の影響で幼稚園児の頃から観ていた『ダウンタウンのごっつええ感じ』

ニシダ(1994年7月24日)(26歳)

  • ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。
  • 山口県出身。
  • 本名:西田 亘輝 (にしだ こうき)
  • 身長170cm。
  • 奥二重、睫毛ふさふさ。
  • 趣味は競馬、マッチングアプリ、ギャンブル、煙草。
  • お笑い好きになったきっかけは、M-1グランプリで観た南海キャンディーズに魅了されたことから。

引用元:https://ja.wikipedia.org

M-1グランプリ2019

毎年年末に行われるM-1グランプリ。
テレビで見ているとつい「もう今年も終わるんだなぁ」と思ってしまう風物詩になっていますよね。
ラランドは2019年に行われたこのM-1グランプリで準決勝に進み、一気に世間にその名を轟かすことになります。
アマチュアとは思えない本格派の漫才はプロの芸人からも評価が高く、すでに複数の芸能プロダクションが目をつけていたそう。
残念ながら決勝にはいけませんでしたが、このM-1グランプリをきっかけに今年はもうすでに80本以上のメディアに出演しています。

2人は上智大学出身という高学歴(外国語学部イスパニア語学科の同級生)でお笑い芸人というギャップもウケている秘密のようです。

セブンルール出演

そんな2人ですが、2020年10月6日(火)23時から放送されたフジテレビ系列『セブンルール』(英称:7RULES)でサーヤが特集されます。

セブンルールHP:https://www.fujitv.co.jp

「会社員との二足のわらじで、フリーで活動する異色のお笑いコンビ「ラランド」サーヤ に密着!」

この番組は様々な分野で活躍する女性に密着し、「いつもしていること(ルール」を7見つけ、「なぜそれにこだわるのか」を掘り下げるというドキュメンタリー番組です。

事務所に所属せず普段は広告代理店で会社員として働き、フリーランスとして芸人活動も行っているサーヤ。
彼女はいったいどんな7つのルールを立てているのでしょうか?

サーヤの7つのルール

ルール①:台本は作らない

ネタは彼女が主に担当していますが、決めているのが「台本は作らない」ということ。
じゃあどうやってネタを作っているのかというと「本当に2人で話していてめちゃくちゃ笑ったところを、そのままネタにしている」のだそう。
なので「出るたびに言葉が変わったり、自分たちが面白いように変化していったりする」ようですね。

ルール②:「芸人」と「会社員」は兼業する

「博打のようだ」と彼女が話す芸人の道だけでは、私立学校に約10年間通わせてくれた両親への恩返しが遠ざかる。「親に還元しながら、売れる道もちゃんと持っておくやり方を目指すべき」として兼業を決めたのだそう。
本人も結果を残せるようになったのは「広告代理店で勤務する中で、自分たちを商品として客観的に見ることが出来るようになったのが大きい」と言っています。


ルール③:365日 ニシダをいじる

サーヤは「ニシダは、なんか言った時の返しがめちゃくちゃ面白いポンコツ。いいイジり方をすると すごい良いものができる」と言っています。
日々ニシダをいじることを意識することによって、相方の良さを引き出しているんですね。
ちなみにそんな努力もあってYouTubeでのニシダのキャラがきっかけで、テレビの仕事にも繋がったそうです。

ルール④:尊敬する人としか飲みに行かない

「大所帯の飲み会だと、そこでしか使えないノリみたいなのが生まれると思うんですけど。その時間が少しだけもったいないなと思って。本当に夢を叶えている人の話を聞くのが好きです」
お笑いを熱く語りながらお酒を飲むのが好きな彼女らしく、また無駄な時間は極力過ごしたくないストイックさも垣間見えますね。

ルール⑤:毎月 実家にお金を入れる

彼女の家は普通のサラリーマンでした。
特別裕福な家庭ではありませんでしたが、小さい頃から私立の学校に通わせてもらいました。
そして何不自由なく育ててくれたことをとても恩義に感じているので、感謝を込めて毎月欠かさず家にお金を入れているんだそう。
笑いながら「その額を何桁ずつか上げていきたいですけどね」という彼女にほっこりしてしまいます。

ルール⑥:同じ衣装は着ない

ニシダはメディアに出演する際は同じ衣装ですが、サーヤは決まり衣装がなく毎回メディアに合わせて衣装を変えています。
同じ衣装を着ないのは、1着1着の印象が強い派手な服を着る分、「あ、またこれだ」と思われないためです。
スタイリストもつけず、自分でコーディネートしているんだそう。


ルール⑦:事務所に所属しない

大学の時にお笑いでしのぎを削ったライバルが今はマネージャーについていて応援してくれる。単独ライブでも運営や美術は知人が協力してくれる。いつも応援してくれて支えてくれる母親。
自分を信じてついてきてくれるそんな仲間たちにできる恩返しは、

フリーのまま売れること

と強く思っているためにフリーランスとして芸人活動をやっているんだそう。

サーヤもといラランドには強い意志が感じられますね。

M-1グランプリ2020

今年もM-1グランプリに参加しているラランド。
この記事の執筆段階では「M-1グランプリ2020」準々決勝への出場が決まっています。
今年のレベルも高いと噂されていますが、去年同様快進撃をみせてくるでしょうか?
このまま準決勝、決勝へとコマを進め、見事ラランドは優勝できるのか大いに注目です。
年末の楽しみとして期待しておきましょう。
いい結果を残し応援してもらっている人に喜んでもらえるといいですね。

M-1グランプリ公式サイト: https://www.m-1gp.com/

ライター
ゴメス

本名:田中ひさ江。口うるさい性格のため近所の子供たちから「ゴメス」とあだ名を付けられている。毎日欠かさず朝のワイドショーとおばあちゃんの知恵袋をチェックし、左手首には必ず輪ゴムを巻いている。家族は旦那と娘。口癖は「あらやだ」「夕飯は余り物でいい?」

ゴメスをフォローする
芸人
latte wiki:エンタメはラテウィキ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました