岡村隆史。松本人志。名倉潤。うつ病を患った有名芸能人たち。

芸人
この記事は約5分で読めます。

うつ病(鬱病)とは?

最近うつ病(鬱病)にかかる芸能人を耳にすることが多いですよね。
メンタルヘルスポータルサイトによると、うつ病についてこのように書かれています。

 うつ病は、一言で説明するのはたいへん難しい病気ですが、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、それによって憂うつな気分やさまざまな意欲(食欲、睡眠欲、性欲など)の低下といった心理的症状が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。
私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっていて、通常はさまざまな不具合を回復へ導いてくれます。私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいます。不快な出来事によって食欲が落ちることもあります。しかし、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、「病気」としてとらえることになります。そのため、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障を来すようになります。

https://kokoro.mhlw.go.jp/about-depression/ad001/

芸能界という輝いて見える世界でも、多大なストレスを抱えている方も多いようです。
今回はその中でも6名の芸能人を紹介していきます。

うつ病を発症した有名人・芸能人

中島知子さん(元オセロ)

https://rank1-media.com

元オセロのメンバーで、オセロ時代は主にツッコミを担当していました。中島知子さんは占い師に洗脳されていたとして、芸能界を引退されました。中島知子さんは精神的に弱っていたそうで、うつ病や統合失調症などの精神疾患だったのではないかといわれています。しかし、公表はされていないので、真相は分かりません。

https://rank1-media.com

松居一代さん

https://rank1-media.com

松居一代さんは被害妄想がとても激しく、自殺未遂もしたことがあるということから、うつ病や統合失調症を発症しているのではないかと言われています。正式に公表はされていませんが、症状がとても当てはまるといわれています。精神的に病気があることは間違いなさそうですね。

https://rank1-media.com

岡村隆史さん

https://rank1-media.com

岡村さんは過去にうつ病になったことを公表しており、鬱状態が続いていたために、一時期仕事を休養。矢部浩之さんいわく、『相方が楽屋で「お金がないお金がない」言い始めたんです。そしたら僕が「ATM行けばいいじゃないですか」と言っても、「お金がないお金がない」言っていたので「あっ、これはあかん」と思って入院をすすめたんです。』と、相方の異変に気付いていたようです。

https://rank1-media.com

ユースケサンタマリアさん

https://rank1-media.com

26歳で踊る大捜査線が始まり、27歳で『ぷっ』すまが始まったユースケさんは、32歳頃から酷く体調が悪くなり、食欲もなく、病院に行っても悪いところは見つからず、「激痩せ」してしまいました。その後2014年に、30代の頃8年間もうつ病に悩んでいたことを告白しました。
うつ状態になってしまったのは仕事でのストレスが原因だったそうです。自身はテレビの仕事を楽しんではいるものの、どこか心の奥では「身の丈に合っていない」「一般人なのに芸能界にいる」と感じてしまい、仕事面で居心地の悪さのようなものを感じていたそうですね。真面目な性格のようです。

https://rank1-media.com

松本人志さん

https://grapee.jp

松本人志さんは、2011年3月24日の『ダウンタウン超DX 沖縄生放送スペシャル』で軽いうつであったことを語っています。
松本は楽屋に入っても、まったくやる気が起きなかったという。いったい自分に何ができるのか、と。
これまでもコンディションの悪い時はあった。しかし「あの時だけはさすがに無理かなと思って。何でこんな仕事を選んでしまったのか、また何でこんな時にダウンタウンは生放送をやる立場になったのかってすごい思った」と述懐したそうです。

https://news.aol.jp

名倉潤さん

https://news.mynavi.jp

名倉さんは、2018年6月に受けた「椎間板ヘルニア」の手術した際、問題なく手術も行われ、痛みもなくなったそうですが、その後から名倉が自分を責めるようになっていたそうです。
妻の「渡辺満里奈」さんが名倉さんを連れて心療内科の医師に診察してもらうと、処方された薬を服用後、夫は「普通の活動ができなくなるぐらいボーッとするようになってしまった」といいます。
 「そんな薬を飲んでていいのか」と思った渡辺さんは、セカンドオピニオンとして別の病院を受診しました。すると医師から、「(名倉さんには)うつの症状がある」と告げられたそうです。

https://www.rbbtoday.com/article/2020/07/11/180376.html

みなさんテレビで見せる明るく元気なイメージとは違い、心の中にストレスを抱えているようですね。
今回取り上げた方もそれ以外の現状病気を克服されていないみなさんも、これから克服されることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました