フワちゃんの学歴、高校や大学はどこ出身?偏差値についても

芸能・エンタメ
この記事は約5分で読めます。

フワちゃんのプロフィール

生誕 不破 遥香(ふわ はるか)
   1993年11月26日(26歳)
   東京都八王子市

国籍 日本

出身校 東洋大学文学部中国哲学文学科

職業 お笑いタレント、YouTuber

https://ja.wikipedia.org/

奇想天外なキャラクターで近年人気を博しているフワちゃん。

Youtubeの登録者数もメインで74万、サブで27万と最近大きく躍進することができました。

ただYoutubeのメインチャンネルは現在6カ月ほど更新がなく、現在はサブチャンネルのみで主な更新をしているような状況です。

主な収入源はTVでの出演料。

大体1回の出演で2万円ほどもらえるらしく、100本以上出演しているため年収は1000万超えをしているとの噂もあります。

一度年収7000万円あるのではと質問されたこともありましたが、これについては笑ってごまかしていました。

現在は一人で活動しているフワちゃんですが、昔はコンビを組んでいました。

フワちゃんはワタナベコメディスクールというお笑い芸人養成所に入って、そのスクールの同期の女性とまず「ランボランチ」というコンビを結成。

これはスクール在学中の選抜ライブを最後に解散します。ちなみにこの時のスクールの成績は良かったそうです。

その後さらにスクールの同期である柴山大補さんと「SF世紀宇宙の子」というコンビを結成。今は解散しています。

このことをフワちゃんは「相方(芝山)の作るネタを上手に出来なかった」と話しているそうです。

フワちゃんは自身のことを「賞レースやバラエティからでなく、YouTube発祥の新しいタイプの芸人」としている。どこにも所属せずフリーで活動する理由として「自分はどうせ変なことをやるので、(もし所属していたら所属先から)怒られそうだし、だけど怒られるのは無理だから、それなら自分でやった方がいい」という趣旨の説明をしている。

https://ja.wikipedia.org/

変なことをしても悪びれないしへこたれない。

ただしっかりと筋を通すところは通していて、悪いことをしたらきちんと謝罪をしたりといったわきまえも人気の秘訣ではないかと噂されています。

そんなフワちゃんの学歴について今日は探ってみます!

フワちゃんの学歴・出身大学は?

フワちゃんの出身大学は東洋大学です。

学部は文学部中国哲学文学科の出身になります。

実は4年生の時に1年留年して5年かかっての卒業をしています。

現在の学部名は東洋思想文化学科という名前に変更されているみたいですね。

偏差値は53とまあまあ普通のライン。

その影響もあってか、英語だけではなく中国語を話すフワちゃんの姿も。

つまり英語、日本語、中国語を話せるバイリンガルな方ということですね。

フワちゃんの出身高校について

大学の偏差値は普通程度でしたが、実は高校は非常に偏差値の高いところに通っていました。

立川高校はなんと偏差値71の超難関校です。

進学実績を見ると、東京大学や京都大学、難関国立大学やMARCHといった超難関校が多く並んでいます。

大学合格者数 表示形式:合格数(現役合格数)

一橋大学合格者数 7(4)名

東京工業大学合格者数 6(6)名

早稲田大学合格者数 57(27)名

慶應義塾大学合格者数 35(16)名

上智大学合格者数 26(21)名

早稲田大学合格者数 57(36)名

東京理科大学合格者数 62(5)名

学習院大学合格者数 7(5)名

明治大学合格者数 116(62)名

青山学院大学合格者数 33(19)名

立教大学合格者数 45(31)名

中央大学合格者数 117(58)名

法政大学合格者数 71(46)名

関西学院大学合格者数 1(-)名

同志社大学合格者数 2(1)名

立命館大学合格者数 7(1)名

https://www.inter-edu.com/

この実績を見るとかなりの進学校なのが見て伺えますね。

ちなみに高校時代のフワちゃんは陸上の中距離選手でした。

中学時代バスケットボール部だったのですが、その時に自分の足が速いことに気づきそれを活かすために陸上部に入っていたそうです。

その後東京都の陸上の大会に800m走で出場しましたがあえなく予選敗退。

ただ持ち前の面白さはあったので、それをほかの人から教えてもらい芸人の道を志しました。

フワちゃんまとめ

最近メディアに引っ張りだこのフワちゃん。

Twitterのフォロワーも91万人ともうすぐで100万を超えます。

ここ1年で大きく躍進したのではないでしょうか?

持ち前の距離の詰め方や一度見たら忘れないキャラを活かして、これからも活躍していってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました