小柳津林太郎は現在どうしてる?倉田茉美を選んだその後について……

芸能・エンタメ
この記事は約6分で読めます。

小柳津林太郎プロフィール

小柳津林太郎さんはバチェラー・ジャパン シーズン2のバチェラーとして出演されていた方になります。

最終的には倉田茉美さんを選び、一躍話題となりました。

元々バチェラーになることに憧れがあったわけではなく、友人から「バチェラーに出て見ないか?」と誘われたのが出演のきっかけです。

「じつは1stシーズンを観ていなかったし、最初は『僕が出るなんて……』とピンとこなかったんです。でも実際に話を聞いて番組も観てみると、僕の中の自分自身を表現していきたいという思いにも重なるし、恋愛や結婚というテーマについても真剣に考えるいいチャンスだと感じるようになりました」

https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0909-1/?p_page=2

このバチェラー出演にあたって3カ月の休暇を取らなければならなかったのですが、そこで葛藤があったようです。

でも入社後144ヵ月もの間働き続けたので、その中の3カ月くらいならいいんじゃないかということでお休みを頂く形でバチェラーへの参加を決めたようです。

「今でも結婚したいですよ。この歳になると結婚のデメリットを考えてしまう男性は多いと思うけど、やっぱり互いに支え合い、生活を共にできる人がいるのは幸せなことで、それに勝るメリットってあまりないんじゃないかと思います。昔から家庭を持ちたいという願望はあったのですが、バチェラーに出てその気持ちはいっそう強くなりましたね」

https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0909-1/?p_page=3

実は小柳津林太郎さんは割と寂しがりやさんらしいです(笑)

現在株式会社ゴーストの代表取締役に就任されている方になります。

事業内容は以下の5つ。

・広告制作・グラフィックデザイン

・Webデザイン

・採用ツール

・パッケージデザイン

・CI・ロゴマーク

この会社を立ち上げる前はサイバーエージェントに就職していて、入社3年目で子会社のCyberXの代表取締役に就任しました。

入社3年目にして会社の社長になっちゃうのはすごいですよね。

バチェラー放送時はサイバーエージェントの幹部を務めていたのですが、現在は独立しています。

株式会社トレンダーズの社外取締役になっていたり、多方向に活躍されています。

小柳津林太郎の現在

そんな小柳津林太郎さんですが、シーズン2では倉田茉美さんを選びました。

この二人が現在どうしているかということについて掘り下げていきますね!

小柳津林太郎さんと倉田茉美さんは2018年で既に破局しています。

双方は別々の道を進むこと」になったようですね。

対して、倉田茉美さんは以下のように語っています。

バチェラーシーズン2を応援してくださった皆様へ。

この度、私、倉田茉美は、バチェラーシーズン2を通して結ばれました小柳津林太郎さんと正式にお別れする運びとなりました。

配信が始まって、4ヶ月が経ち、これからシーズン3が始まろうとする中で、このようなご報告となり、あまりにも早い別れに失望される方、ガッカリされる方、当然だと思います。

その気持ちに対して、本当にごめんなさい。

でも、皆さんに嘘をつくようなことや、お仕事だけで彼と向き合うようなことはしたくないと思い、相談した結果が今回のタイミングとなりました。

今後、皆さんからのお言葉はどんなことも全て受け止める覚悟をしています。

バチェラーシーズン2を愛してくれた皆様に、本気で私たち二人を応援してくださった皆様に、何一つ返すことができなくて、二人の夢も皆様の思いにも応えることができませんでした。
沢山のご質問や、応援のお言葉に対しても、なかなかお応えすることができず、何度も胸がいっぱいになりました。

お別れに関して、詳しい内容をお伝えできないこともごめんなさい。

でもなるべく、最後は素直な言葉をここに残したいです。

私はバチェラーに参加して彼と出逢って結ばれてお別れに至るまで、ずっと本気で彼と向き合い続けてきました。

番組にやらされたことは一つもありません。

少なくとも私は、ビジネスの為に、彼はもちろん、自分の人生を、自分の家族を犠牲にするようなことは絶対にしません。

お正月には彼の実家にお邪魔させてもらって、本当に優しく接してもらいました。
お母さんには温かいご飯やお言葉で沢山心をほぐしてもらったり、お父さんには「がんばったね」と言ってもらったり。
そんな柔らかな日がありました。

撮影が終わってからも、本当の気持ちだけがそこにあったことは事実です。


林太郎。
あの世界の中で、最初と最後の景色を一緒に見た人、私に見せてくれた人であることにずっと変わりはありません。
ここに至るまで約一年。
それでも短すぎるし、なかなか会えない日が多かったけれど、感じたことのないような、とても濃い時間でした。

バチェラー中、林太郎と過ごした時間はかけがえのない宝物です。
バチェラーが終わっても「茉美」と名前を呼ばれる日々が、とても嬉しくて、とても愛しかった。
こんな日がずっと続けばいいなって思っていました。


そして、最後に勝手なお願いと、バチェラーシーズン3へ。
私は今この瞬間にも、一つも後悔はありません。
幸せになる為のキッカケが必ずあります。
希望を持ってほしいです。
出た方には、何か一つ幸せへのキッカケを持ち帰る為にレッドカーペットの上を歩いてほしいです。
観る方には、その姿を温かく楽しんで見守っていてほしいです。


うまく言葉にできなかったけれど、最後まで読んでくれて、最後まで応援してくれて、そして今日も応援してくれている誰かに、心の底から感謝します。
ありがとう。

最後に、応援してくれた皆様、本当にごめんなさい。


また新しい物語をはじめます。


それはまた一歩、幸せに近づく、
その為のお別れだと信じています。


みんな
必ず幸せになるに決まってるよ。*?


2018.9.28
倉田茉美

https://www.instagram.com/p/BoQFcXvgSmI/?utm_source=ig_embed

小柳津さんと倉田さんのコメントの温度差が開いていることから、本当は好きではなかったのでは?ビジネス恋愛だという風に噂されています。

さらにマイナビウーマンの取材で当時の心境を以下のように赤裸々告白しています。

番組中は”結婚”に向き合って、長期的に一緒にいられる、僕を愛してくれる女性を選んだんです。

だけどは、自分に「好き」という感情がないと結婚まで発展しないことに気づきました。

https://iroirog.info/zinbutsu/oyaizu-sonogo/#i

この文章は好きじゃなかった、そこまで恋愛感情はなかったという風に読み取れます。

ちなみに小柳津林太郎さん、現在は気になる女性がいて結婚願望は相変わらず持っているとのことで。

これからもイケメンな彼に注目していきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました